本文へスキップ

教員・研究室一覧

バイオプロセス工学研究室

 

化学・生物化学プロセスをミクロとマクロの両面から探る

【担当教職員】

【担当授業科目】
教     授 後藤 猛 基礎化学IB,生物化学工学,微生物工学 (学部)
生物化学工学特論,工学英語 (大学院博士前期課程)
生物プロセス工学(大学院博士後期課程)
助     教 横田早希  
技術専門職員 佐藤幸保  
【研究内容】  
本研究室では,生体機能を化学的視点でとらえ,微生物を利用した環境浄化・修復,さらには生体機能を利用した有用物質の生産,などに関わるプロセスを評価・設計・構築できる人材の育成を行っています。さらに,広く化学がかかわる分離・製造プロセスを分子レベルから装置レベルにわたる広い視点でとらえ,最適プロセスを設計・構築できる人材の育成も行っています。
現在取り組んでいる具体的なテーマについてその一部紹介しますと
  • 昆虫細胞による遺伝子組換えタンパク質生産に関する研究
  • ウィルス感染を模倣した遺伝子キャリアーシステムの開発
  • 天然ゴム合成に係る大量生産とその高度利用
  • バイポーラ膜を用いた新規分離プロセスの開発
  • 米糠由来の機能性物質の創製とその工学的応用に関する研究
  • 液体サイクロンを利用した異相系分離システムの構築に関する研究

などがあり,環境と調和したバイオプロセスの開発を目標に研究が行われています。