本文へスキップ

アドミッションポリシー

 

博士前期課程 環境応用化学専攻

専攻の目標

自然環境と調和した豊かな人間社会を実現するために、新機能物質の開発とその評価、資源の循環・再生、エネルギーの有効利用、生体機能の利用など、化学を基盤として環境との関わりを重視した教育を行う。
特に「化学物質」および「化学プロセス」についてミクロからマクロにわたり幅広い視点から現象を分析する能力を有し、環境と技術の調和を図ることができる視野の広い人材の育成を目指した教育を行う。

こんな人を求めています

新機能物質の開発や循環再生,化学エネルギーの有効利用,生物機能の利用等の,環境に調和した素材づくりと先端技術の開発に関する勉学及び研究に意欲を持った人

化学及び物理に関わる基礎的な学力や問題解決能力,高い論理観,国際的視野を持ってそれを実践し得る技術者を目指す人